第6回クリエイターEXPO まとめと情報2【パネルの展示】

| 0件のコメント

今回は私の展示物のサイズや発注先、価格について書いています。そういったところで悩まれている方の参考になればうれしいです。

●遠征組の展示におススメなのはタペストリー


まず展示ブースのサイズについて。ちょっと見にくいですが下図の感じです。

ブースの高さは2580㎜で、幅は950㎜と455㎜の2枚のパネルをつなぎ合わせたものです。つなぎ目は上図のグレーの部分。

このスペースにいかに効率よく展示するかですが、関西から遠征する私は、できるだけ軽くて展示も簡単そうなタペストリーをメインにしました。
(思わぬ落とし穴があったのですが、それは後ほど書きます。)赤字の①~③の3枚です。

① トロマット(布) 縦 25 cm X 横 135 cm 1枚 カット なし ¥1904

②トロマット(布) 縦 145 cm X 横 95 cm 袋縫い加工上, 下 – 1.5cmのパイプ用サイズ ¥3675

③トロマット(布) 縦 138 cm X 横 45.5 cm 1枚 袋縫い加工 上, 下 – 1.5cmのパイプ用サイズ ¥2288

①は文字のみで、横のサイズは135㎜。パネルのつなぎ目やチェーン(後述)のところは、ちょっとボコッとなりましたが、まあ許容範囲。

①は「貼ってはがせるテープ」で貼りました。
・「3Mの貼ってはがせるコマンドタブ ポスター掲示用」のSサイズ。
http://www.mmm.co.jp/office/notice/cmr_1234.html
本当は布用じゃないですが、3日間ちゃんとついて、取る時も簡単にはずせました。サイズはLでもよかったかな。

②と③はパネルのつなぎ目ギリギリサイズで作りました。こちらは大きくて重さもあったので、袋縫い加工にしてもらいました。
上下に通したパイプは100円ショップで別途購入。

タペストリーを注文したのは「NO1幕」さん。http://no1maku.com/
先輩イラストレーターさんに教えていただいたのですが、発色もきれいで対応も丁寧、そして何より安くてよかったです。

あと少しだけあいているスペース(名前パネルの横と、②の下)に、パネルを貼りました。
名前パネルの横は照明で見えにくい感じでしたがにぎやかしに。
のり付きパネルを買って、印刷したイラストを貼り、自分でカッターで切りました。

●ハイパープロタックS 3㎜ ¥380 http://www.muse-paper.co.jp/product/kanpane.php
もっと厚い方がしっかりするでしょうが、カットしにくいので3㎜にしました。

●カンパネA3大 ¥950 http://www.muse-paper.co.jp/product/kanpane.php
こちらは中身が入れ替え自由なパネルです。あえて貼らずに下に立てかけておいて、記事の見本を聞かれた方にお見せしていました。

●タペストリーを吊るすときの注意点


冒頭に書いた思わぬ落とし穴について、最後に書いておきます。

私は、主催者の備品申し込みにあった「S管とチェーン」を2セット申し込んで、②③のタペストリーを吊るしました。(最初の図の青い点々がチェーンです。)
このS管に苦しめられました。展示パネルの上部に隙間があって、そこにS管を差し込んでねじるようにするのですが、最初はまったくわからずサイズが違うんじゃないかと思ったほど。
なんせ高い位置にあるので上が見えない。身長162㎝の私が机に載って、ようやく手が届く高さです。係の人にやり方を聞いて、それでもなかなかできず、汗だくになりながらなんとか4つできました。
楽するはずが、けっこう大変な目に。タペストリー1枚の場合は、職種と名前を書いたパネルがチェーンで吊るしてあるので、そこにS管をかければカンタンです。チェーンではなく、ヒモでやっている方も多かったです。
1枚絵は迫力もあるし、楽だし、ヒモなら安い。今度やるなら、それかな。(S管とチェーンは1セット500円)

以上、ご参考になればうれしいです。がんばってください(*´▽`*)

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA