温泉LINEスタンプ&メッセージスタンプ発売中です!

2020年6月7日 から amachakoubou | 0件のコメント

健康保険組合の情報誌で季刊連載している「カエル博士とモン吉くんのぶらり温泉手帳」が祝10周年!!ということでラインスタンプを発売しました。スタンプは2種類。オーソドックスなLINEスタンプは毎日のやりとりで使いやすい言葉にしました。お好きな言葉を入力できるメッセージスタンプは、温泉三昧のイラストにしています。温泉好きの方、ぜひぜひよろしくお願いいたします😊プレゼントにもいかがでしょう♪
メッセージスタンプどうかなと思ってたんですが、意外と文字入れしやすくて使いやすいです😊あとメッセージスタンプの存在にまだなじみが薄いみたいで、文字入れして送ると驚いてもらえます(笑)たくさんの方に使っていただけるとうれしいなぁ。

カエル博士とモン吉くんの温泉スタンプ https://store.line.me/stickershop/product/12101486

カエルとサルの温泉メッセージスタンプ https://store.line.me/stickershop/product/11958286

 

温泉LINEスタンプのご紹介

2020年5月28日 から amachakoubou | 0件のコメント

★ラインスタンプ発売決定のお知らせ★

健康保険組合の情報誌で季刊連載している「カエル博士とモン吉くんのぶらり温泉手帳」が祝10周年!!ということでラインスタンプを発売します。

スタンプは2種類で、オーソドックスなスタンプと、好きな言葉を入力できるメッセージスタンプです。チラシも作りました(^^)

私がライン初心者なので、ラインスタンプは毎日使える基本的なものにしています。

メッセージスタンプのほうは温泉三昧にしてみました(笑)

温泉好きな方に使ってもらえるとうれしいなー。発売日が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。

ちなみに「カエル博士とモン吉くんのぶらり温泉手帳」はこんな連載です。10年かー感無量だなあ。

カエル博士とモン吉君のぶらり温泉手帳(連載記事紹介)

100円ショップの蓄光テープ

2020年5月25日 から amachakoubou | 0件のコメント

100円ショップで蓄光テープを見つけました。暗くなると光るので、停電時だけでなく、夜中のトイレ時など普段でも活躍します。30㎝と短いので階段などに貼るには足りませんが、電気のスイッチや懐中電灯などのちょっとした場所に貼るなら十分だと思います。スマホカバーにも貼ってみた。30分光を照射して8時間光ります。10時間あるともっとよかったな。
蓄光テープの使い方

水道水の備蓄について

2020年5月4日 から amachakoubou | 0件のコメント

水の備蓄量の目安は大人1日3リットル×7日分といわれています。(生活用水は別)ハンパない量です。ペットボトルの水だけで備蓄をまかなうのは大変なので、ウチのように水道水を使われる方もいらっしゃるかと。その場合、注意したいのは備蓄の方法。煮沸した方がよさげな気がしますが実はNG。塩素を除去すると細菌が繁殖し保存に向かなくなります。
料できる期間は保存方法や環境に左右されますが、東京水道局のサイトでは涼しい場所で3日、冷蔵庫で10日程度とのこと。https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/press/h23/press110404-01.html

停電に備えた明かりの話

2020年4月25日 から amachakoubou | 0件のコメント

きたるべき台風シーズンに備えて停電対策をしておくと安心です。懐中電灯1本で安心していませんか。食事、歯みがき、トイレなど懐中電灯1本でまかなうのは難しい。なるべく複数のライトを備えておくと安心です。部屋全体を照らすメインランタン、テーブルやトイレに置くサブランタン、両手が使えるヘッドライトは人数分準備したいところ。明かりの準備が間に合わなかったときは、レジ袋や水の入ったペットボトルと懐中電灯で簡易ランタンを作りましょう。スマホでもできますよー。

akarin

第6-8回 クリエイターEXPOに参加【よく聞かれる質問まとめ】

2020年1月16日 から amachakoubou | 0件のコメント

第6回、7回、8回と3年連続「クリエイターEXPO」に参加しました。
初めて参加される友人知人によく聞かれる質問と、私なりのお返事をまとめます。これが正解というわけではなく、体験から考えた一意見として軽くお読みください。


Q1. クリエポで元は取れる?

A. 必ず聞かれる質問ですが一概に言えません

私は1年目はかなりお仕事をいただきウハウハでしたが、2年目はなんとか払った分が返ってきたくらい。クリエポのために仕事を休んだ時間を考えると元は取れていません。3年目はまずまずの成果でした。
仕事をくださったお客様がリピーターになってくださることも多いので、3年間トータルではしっかりと儲けさせていただいています。
ただ、仕事につながらなかった方も何人も知っています。なので「元は取れるか」は「その人しだい」という大雑把な答えでお許しを。

 


Q2. 出展ゾーンは関係ある?

A. あるといえばあるかも・・・
1年目「漫画家ゾーン」、2年目「絵本ゾーン」、3年目「イラストレーターゾーン」で参加しました。結果は上に書いたとおりです。
絵本ゾーンでの惨敗は、私の絵柄によるものと考えてます。絵本ゾーンに来る方は、かわいらしいメルヘンタッチなイラストや優しい雰囲気のイラストに絞ってこられるのではないかと。実際、上手な方のブースには絵本の出版者の方が頻繁にきてましたので(泣)漫画ゾーンやイラストレーターゾーンは出展者のタッチが多様なぶん、来場者も間口を広げて見ておられる気がしています。

ちなみに来場者が一番多いのはイラストレーターゾーンで間違いないと思います。それに比べると絵本ゾーンやアートゾーンは人の通りは少ないです。とはいえ、それでもたくさんの人がきます。私が配布したパンフレットの数は3年ともほぼ同数でした。


Q3. 配布物は何部必要?

A.配る派なら800部は必要
私はできる限り前を通る方に声をかけてパンフレットをお渡ししています。絵の上手な人は黙っていても向こうから声がかかりますが、とくに上手くもない私など黙っていたら誰も気にとめてくれません。たとえスルーされてもめげないで、ひたすら配っています。3日間でだいたい800部くらいになりますので、配る派の方は目安になさってください。
私がいただいた仕事のほとんどは、後日「パンフレットを見た」とおっしゃる方からの連絡です。

※配布物についてはこちらに詳しくまとめています
https://amachakoubou.com/blog/1278/


Q4.搬入で注意することは?

A.荷物がない!?
荷物は宅急便など送る方が多いと思います。搬入に行くとたいてい自分のブースに置いてくれているのですが、ときには荷物が揃ってないことも。これには心臓がキューっとなりますが、あせらないで!会場に届いてないのではなく、まだ自分のブースにきていないだけだと思います。宅配の人に声をかけるのはもちろんですが、大きなケージに未配達の箱が山積みなので自分でも探しましょう。