絵本「カリンのあたらしいおうち」読み聞かせ動画が公開されました!

絵本「カリンのあたらしいおうち」読み聞かせ動画がYouTubeにて公開されました!
https://www.youtube.com/watch?v=HOgb_kgkuPY

この絵本を作ったのは2011年。明石市コミュニティ推進部男女共同参画課(当時)様からのご依頼で、男女共同参画を小さな子でもわかりやすく理解するための人形劇のシナリオとキャラクターをつくってほしいという内容でした。
できあがったお話をもとに「絵本楽しみ隊 フルーツパフェ」の方が人形を作り、上演してくださいました。男女共同参画センターや市内の幼稚園などで開演された劇が好評だったおかげで、「いつでもどこでも楽しめるように」と絵本の形にもなったのです。
いまから10年近く前のものなので、絵のほうはお恥ずかしい限りですが、お話しはいまみてもおもしろいかなと思います。明石市は鯛やタコ、明石焼きが有名なのでお話しにも登場させました。男女共同参画とかジェンダーとかいうと難しく思われがちですが、お説教臭さはありません。楽しくご覧いただければうれしいです(^^)/ぬり絵もありますので、ぜひ遊んでください!(ぬり絵は上演後に楽しんでもらっていたものです。劇をみた子どもたちに「自分の好きな色を選ぶ」をすぐ実行してもらおうという思いがありました)

ちなみに人形劇は続編「カリンとうみのたからもの」があります。いつか人形劇のほうもアップしてくれるとうれしいなー

*「カリンのあたらしいおうち」あらすじ
カリンはヤドカリの女の子。新しい家を探しています。ほかのヤドカリから、「 女の子色のピンクの貝殻は人気があるから早く探さないと、男の子色の青い貝殻しかなくなってしまうよ」と言われました。あわてて海の底へ探しに出かけるカリン。
そこで、ピンキー、ミドリン、チュータの個性的な仲間に出会い、カリンは「本当に自分が好きな色」に気づきます。仲間と家を探しはじめたとき、乱暴者のアンコラに襲われ、ピンキーが飲みこまれてしまいます・・・。